« この日なんの日? 【6月13日】 | トップページ | この日なんの日? 【6月15日】 »

この日なんの日? 【6月14日】

【What day is it today?  June 14 】

フラッグデー(アメリカ)

楊貴妃、没。38歳(756)
山鉾巡行の祇園祭り、始まる(980)
アメリカ、13邦の星条旗が国旗として制定(1777)
松前奉行職が廃止となる(1822)
新島襄、米国に向け脱国(1864)
ハワイ、アメリカに併合(1900)
オリンピック五輪旗制定。オリンピック復興20周年記念祭の
  ためクーベルタンが考案(1914)
隅田川の勝鬨(かちどき)橋完成記念式。シカゴ式双葉跳開橋
  で橋の中央部分が開閉。開閉式では東洋一(1940)
パリ陥落(1940)
映画倫理規定管理委員会発足(1949)
フォークランド紛争終わる。アルゼンチン軍降伏(1982)
横浜地裁、指紋押捺拒否の米人女性に初の罰金1万円の判決
  (1984)
ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで、アメリカ初の大
  相撲公演が行われる(1985)
田部井淳子、マッキンリー登頂に成功(1988)
サッカー・ワールドカップ・フランス大会
  日本vsアルゼンチン(1998)

【お誕生日】 

ストー(画家1811)
エルネスト・チェ・ゲバラ(革命家1928)
椎名誠(作家1944)
三田明(歌手1947)
永井美奈子(フリーアナウンサー1965)
大塚寧々(女優1968)
シュテフィー・グラフ(テニス選手1969)
中島史恵(タレント1969)
前田健(タレント1971)
比嘉愛未(女優1986)

誕生花:るりはこべ (Angallis)
花言葉:追想

6月14日は「Flag Day(フラッグ・デー)」と呼ばれる日で、アメリカ国旗である星条旗の誕生を記念する日。
現在のアメリカ国旗は、1960年7月4日、ハワイがアメリカの州になった時から使われており、50の星は現在のアメリカの州の数、13本のストライプは独立時の州の数を表している。星条旗は1777年6月14日にアメリカの国旗として正式に認められ、1949年、トルーマン大統領が6月14日を正式なフラッグ・デーとして宣言したそう。フラッグ・デーは、祝日でもなく慣習でもなく、単なる記念日という感じだそう。日本で言うと憲法記念日(5月3日)や建国記念日(2月11日)に当たるんでしょうが、特に祝日として休んでいるところはないのだとか。アメリカ人は国旗が大好きなので、普通にあちこちに飾ってあるので、特に今日はフラッグ・デーだからと言って特別に飾ったりするわけでもないそう。

2007年6月14日のひとこと

安倍晋三首相が主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の際に行われた議長国・ドイツのメルケル首相との会談で、中国の主要8カ国(G8)サミットへの正式参加は容認できないとの意向を表明し、メルケル首相も同意していたことが13日、わかったそうです。その理由として、中国は(1)軍事費が不透明で、19年連続で2ケタの伸び率となっている(2)スーダン西部ダルフールでの民兵組織による大量虐殺を黙認し、スーダン政府を支援している(3)国際的なルールを守っていない-の3点を強調したといいます。これに対して、メルケル首相も「よく理解する」と同調したとのこと。中国側は参加に関心をもちつつ、一定の距離を置く姿勢をみせてきました。経済政策や人権問題などで不利な要求を押し付けられることへの警戒感があるとみられています。同時に「中国は日本がG8の枠組みを対中牽制(けんせい)の舞台装置に使っていることに神経をとがらせている」(日中外交筋)のも事実。一時期の激しい反日運動も収まってきたものの、日中関係は、まだまだ難しそうです。

|

« この日なんの日? 【6月13日】 | トップページ | この日なんの日? 【6月15日】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この日なんの日? 【6月13日】 | トップページ | この日なんの日? 【6月15日】 »